2016/10/05 21:44

 

▼ はじめに、なぜこのアイテムを紹介する理由を教えてください。

飾り屋くりむそんは、日本伝統技法の緋銅の作品を扱う日本でも数少ないショップです。

 

現在は、BASEのみで作品を販売しております。

 

銅の中に潜在している緋色の美しさに魅せられ、純銅を使い、緋銅にする技術を追求してきました。

 

緋銅の技術が記載された文献、文書などは限られていて、少ない情報をかき集め、独自でその技術を磨いてきました。

 

 

この度、ここでの活動もお陰様で、1周年を迎えることができました。

 

これを機に、もっと多く方に緋銅に触れ親しんでもらう機会を提供したいという想いが強くなりました。

 

銅の切り出しから、すべて手作業で行っています。

 

そのため、ひとつの作品を作るための時間を費やすため、作品の価格は決して安くはありません。

 

しかし、今回はその価格を清水の舞台から飛び降りる覚悟でご提供します。

 

もちろん、今回の作品も同じ工程の手作りで行います。

 

しかも、緋銅最高ランクをお約束します。

 

そこまでするのは、まずは緋銅を実際に目で見たもらいし、手作りの良さを感じてもらいたいからです。

 

これぞ!職人魂!



 

 

▼ このアイテムのおすすめポイントは何ですか?(使い方の具体例やディテールなど)

ネームネックレスは可愛いけど、自分で身につけるのには抵抗があるという方におすすめなのがイニシャルネックレスです。

 

さらに、◆型で、1辺の長さは7mm~8mmなので、大きさも可愛いです。


さりげなく自分の名前をアピールもよし

大切な人のイニシャルを入れるのもよし

自分が好きな言葉の頭文字のアルファベットもよし

「&」のペアネックレスにするのもよし

 

片面に一文字、大文字A-Z、&を打刻します。

 

 

裏面は無地ですが、どちらの面も表にできるリバーシブルとしてご使用していただけます。

 

書体は「 Calligraphic 」です。

※実際に使用するpunchによって多少異なることがあります。

 

チェーンは上の「喜平タイプ」と下の「カット小豆タイプ」から選ぶことができます。

 

 

 

▼ このアイテムをどんな人にどんなふうに使って欲しいか教えてください。

一般に赤い色は「めでたい、喜ばしい慶事、にぎやか」の意味を表します。


神社仏閣の鳥居の赤、赤飯、赤ちゃん、還暦祝いなど…「おめでたい色」、「縁起がよい色」とされています。

縁起のよい赤い色のアイテムとしてプレゼントとして大切な方に贈って頂けたら嬉しいです。

 

赤色は、地に足をつける性質があり、とても現実的・物質的なものとの関わりがあります。

エネルギッシュで情熱的なエネルギーを持ちます。

実際、赤を見たときに心拍数が上がったり体温が上昇するといった身体的な効果があります。

 

毎日の中で赤い物を取り入れたいという時に、このアイテムを使って欲しいです。

 

最後に、結婚7周年を銅婚式と言います。

結婚7年目という家族や財産など、安定する時期を「銅」に例えて、その安定を祝います。

その記念のプレゼントにして頂けたら嬉しいです。 

 

▼ 最後に結びの言葉をお願いします。

最高ランクの緋銅は、非常に困難な技術です。


・前処理での綺麗な磨き
・炎の状態
・炙る位置(銅板の火の当て具合)
・融点寸前の金属の色の見極め
・硼砂水溶液の状態
・素早くホウ砂(飽和液)水溶液に入れ急冷するタイミング
など

これらの条件をすべて満たしたときに、最高ランクの緋銅が完成します。 

また、緋銅の作業前に行うカタチの成形もすべて手作業になります。

今回オーダーメイドという手段を取った理由は、その方のためにお作りをしたかったからです。

職人の前にひとりの人間です。

この1年間、BASEに作品を紹介して、反響があったことはとても励みになりました。

この感謝の気持ちを込めて、あなたのために、心を込めて作品をお届けします。