2018/01/22 19:43

 

 2018年を迎えるにあたり、何か新しい作品を創ろうと考えていました。

緋色の赤は縁起物ですから、身につける人がより裕福になれるようなもの。

そんな願いをデザインに込めたいと考えていました。

普段の生活の中で、自然と目にする漢字。

昨年、中国語の勉強をしたときに感じた漢字の面白さを知りました。

さらに、漢字の成り立ちは、文字のデザインというか、書道家が書くような文字は独特の魅力があると思います。

また、ひとつの漢字の中に、複数の読み方があり、意味がある。

縁起物の赤と縁起物の漢字を組み合わせたら、きっとこれまでにはない新しい作品ができると考えました。

 

 

これは、彫刻台です。

最初は、左手で抑えて右手で作業をしていました。

しかし、1辺16mmと小さく、さらに漢字のラインを幾度と削りますので、とても緻密で地道な作業でした。

この彫刻台があると、両手が使えるようになり、大変作業効率も向上しました。

 

 

 

福の意味


1. 運のよいこと。幸運。幸い。しあわせ。「福を授かる」「福の神」。
2. 神仏への供え物のおさがり。
3. ゆたかなこと。裕福なこと。

2018年、最初の作品は、そのままストレートに表した「福」です。
お誕生日、記念日の縁起物のプレゼントにも自信をもっておすすめします!

 

 

 

こちらの漢字は吉です。

吉の読みは、キチです。キチとは、縁起がよいこと。めでたいこと。を意味します。真ん中の膨らみは、めでたいことが大きくなりますように。との願いを込めています。また、昔から「笑う門には福来る」「笑いは副作用のない妙薬」と言われていますから、吉がスマイル(笑っている)に見える様にデザインをしました。

 

 

 

 

今回の緋銅ランクは最高の★5つです。

漢字を削る時間も含めて、この作品は1日作業です。

手作業なので、同じものはありません。

また、ネではなく、示を使用しているのもこだわりです。

落とすと縁起が悪いので、ペンダントトップはチェーンから外れないサイズの金具がついています。