結婚7周年銅婚式のオーダーメイド受付中!! | RINPLA

2019/11/05 05:52

結婚して7年の記念日を「銅婚式」と呼びます。


結婚7周年銅婚式の意味は、家族や財産など、家庭を取り巻くものがどっしりと安定する時期になり、子供も生まれ、家族という言葉に重みを感じるようになるのが7年目だと言われています。 
そのお祝いのプレゼントにアクセサリー、食器などの銅製品を贈ります。 

緋銅の作品を作るきっかけとなったのが、この銅婚式です。
銅は時間とともに酸化していきます。
そのため、アクセサリーとしては不向きな金属でした。

緋銅の緋色の正体は、酸化被膜です。
そのため、これまで以上に長く同じ状態で楽しむことができます。
お手入れは、汗や化粧品などが付着したときに乾いた布でふき取るだけです。

緋銅の作品作りを初めて感じることは、結婚記念日を大切にされている夫婦が多いことです。
そして、その記念日を祝う贈り物を探されていることです。
これまで、緋銅の作品を多く制作してきましたことで、緋銅の技法、彫金の技術も日々精進して磨いています。

当たり前のことですが、夫婦生活において、結婚7周年銅婚式は1回しか訪れません。
「結婚記念品に緋銅を選んで良かったね。」

今ある作品の中から選んで頂くことは、とても嬉しいことです。
また、自分たちのオリジナルのものが欲しいという方には、オーダーメイドの対応もしています。
もちろん、ご提案もできます。

12月と1月は、特に結婚記念日を迎える夫婦も多いと思います。
ぜひ、プレゼントの選択肢に緋銅も入れて考えてみてください。
よろしくお願い致します。